2019年09月18日

必殺ワンショット!キャナル学芸部!!

00835822.jpg

5~6ターンを目安に圧倒的な受けにくさで一気にオーブを叩き割るワンショットデッキをご紹介!
第4弾の学芸部を中心にトリッキーな攻防がお好きな方にオススメです!

■各カードの紹介■

3ce6589c-29ac-460a-8abb-1f9a82f22438.png 7a7d91aa-f1c4-4605-8826-3ab95f2457c2.png

このデッキの要となるカード!
まずは"キャナル"Lv3を最速で完成させることを目標にしましょう
"キャナル"Lv2さえ引けていれば自身の効果でLv3を探すことができるのでマリガンではLv2を確保できるように引き直します
Lv3が既に手札にある場合、Lv2の効果で必要な魔法少女を探しておきましょう
Lv3完成後の動きは他の各カードの紹介と共に解説していきます

c317cf0e-f1ec-4b37-9dc8-1384a02a052e.png ff76498f-faf1-42d9-a967-e893d336cebc.png

まずは"キャナル"Lv3の参戦時効果で戦場に出す魔法少女の候補です
このデッキでは手札の枚数がそのままワンショットの打点に繋がるのでドローソースでしっかり手札を補充していきます
手札に才能が3枚以上ある場合は"パペル・マリスコ"、ない場合は"スピカ"を出しましょう

67741377-b4ad-4275-83ba-a93dd7e6c9f3.png 788c3245-36cb-46b0-90f3-1d8d261be734.png

次は3ターン目に"キャナル"Lv3の効果で発動する詠唱の紹介です
"勧誘"はキャンディを2つ消費することでデッキからLv1魔法少女を戦場に出すことができます
キャンディはゲーム中効果等で得られるカウンターとして管理します
ワンショットを成立させるために魔法少女は重要なギミックなのでここで"勧誘"できるかどうかはかなり重要となります
しかし"勧誘"するにはキャンディが2つ必要なので2ターン目までに"ピーキーエンジェルズ"を出しておく必要があります
相手がアグロならリバース状態、コントロールならアタックして相手が"ピーキーエンジェルズ"を破壊したくなるよう誘導するといいでしょう

f1b60329-1bfe-44cf-9d62-e2d4624f9a6c.png

3ターン目までに"ピーキーエンジェルズ"の断末魔を使えずキャンディを確保できなかった場合は代わりに"自分勝手な要求"を発動します
相手のデッキを確認してキーパーツを除外しつつキャンディを2つ得られるのでこれはこれで強いカードです
このカードで除外したカードをゲーム中発動できるのですが魔法少女は発動ではないため除外しても使えない点は注意です

0d77e5f1-e93d-4ec7-a0de-8f6b1daf3869.png

"勧誘"を発動できたら"ラフィナ・ソアー"を出します
"ラフィナ・ソアー"はLv1魔法少女をリカバーできるので他の魔法少女の効果を実質もう一度使用できます
3ターン目であれば"キャナル"Lv3の効果で出したドローソースをリカバーして手札をさらに補充しておきましょう

BP04-039.jpg

4ターン目に手札からコールしたい魔法少女候補になります
ターン中に怪異が戦場から墓地に置かれていたら何故か手札から才能の怪異を出せる意味不明なカードです
"キャナル"Lv3から"勧誘"までの流れができていればこの時点でコスト6以下の才能を出すことができます

8d58657e-99a6-461f-b725-0bfa9b49a0f8.png

4ターン目の相手ターンに"キャナル"Lv3から発動したい詠唱です
エクストラデッキから結魂怪異を出すことができます
この効果で出した結魂怪異はターン終了時に破棄されるのですがこの破棄される挙動が重要になります
ここで怪異が破棄されることで先程紹介した"ティナ"の発動条件を満たせます
"ラフィナ・ソアー"の効果と合わせて才能の怪異を2体手札から出し次のターンのワンショットに備えましょう

27869776-c57c-4d63-8673-26becc8df427.png 4946e1d3-3c6d-4e73-98af-5881ec2109e9.png

このタイミングで”電撃結魂”から出したい結魂怪異の候補です
"シグミ・ライン"でコスト2以下の怪異をすべて破壊し速攻デッキなどの猛攻を食い止めましょう
"フロンティナ"は参戦効果でコスト4以下の詠唱を手札からコストを支払わず発動できます
3ターン目に"自分勝手な要求"を発動していた場合ここで"勧誘"を使うことで正規ルートと合流できます

1fd0e76c-8b30-4016-ac0f-bc259cfd637a.png 1108e082-b0f5-4a2a-a44e-1fa4dd9ea26b.png

”ティナ”の効果で出しておきたい怪異の候補です
"鉄道"は戦場にいるとデッキからカードを探すときに増殖するので簡単に攻め要因を確保できます
"将棋"は参戦能力でデッキからカードを1枚探して山札の上に置く効果を持っています
つまり"ティナ"で"鉄道"を出した後"ラフィナ・ソアー"でリカバーした"ティナ"をもう一度使い"将棋"を出せば"鉄道"が増えます
ただし"将棋"の効果でデッキトップに置いたカードは"鉄道"の効果でシャッフルされてしまうので必要なカードがまだある場合"将棋"を先に出しましょう

03167280-0130-49d0-8f49-f5259a1b13a8.png

5ターン目にこのカードをコールできればワンショットの準備は完了です
学芸部の怪異はデッキからカードを探したときに自身を破棄しコスト+1の学芸部を手札から出せる効果を持っています
"グラス・ネージュ"はデッキからカードを探す起動効果を持っているため好きなタイミングで学芸部の誘発効果を使えるわけです
学芸部でオーブを殴れるだけ殴った後"グラス・ネージュ"を使い、新たな学芸部を手札から展開し再びアタックという連続攻撃が可能になります
また、学芸部の誘発効果で自身を破棄しているので"ティナ"の起動条件を満たしさらなるアタック要因の追加を行えます
さらに、"キャナル"Lv3の効果でもデッキからカードを探せるので"電撃結魂"で結魂怪異を出しつつ学芸部の効果を誘発させ再びアタック要因を手札から展開できます
このとき"電撃結魂"で"フロンティナ"を出してしまえば相手はブレイクで怪異を戦場に出せなくなるのでより安全に攻めることができます
この連続波状攻撃によって相手のオーブを一気に削りきり止めを指しましょう

a42ca147-4496-443e-8895-97be839e1a32.png

相手がリバースの怪異で攻撃を防いできた場合でも"化学"や"将棋"の参戦効果でレストにできるので問題なく攻められます
ただし戦場に他の怪異がいない場合、自身がレストかリバースしてしまうので少し注意が必要です

fe47ce64-61f9-4b9e-9f29-17f5f79a8c98.png 503f4b78-ec07-4de2-845a-6406768dafe0.png

2ターン目に”ピーキーエンジェルズ”を引かなかった時は"数学"を出しておくといいでしょう
相手が"数学"を対処してきたタイミングで"キャナル"Lv2やLv3の効果を使いデッキからカードを探すことで実質的な回避行動を行えます
戦場に怪異を維持しておけばティナまでのルート分岐にいろいろ対応できます
"囲碁"はティナの起動までに魔法少女のレベル合計が5以下だった場合に出しましょう
"囲碁"の効果を誘発すればコスト6の"鉄道"に繋がるのでとりあえずなんとかなります

2bb51577-d701-400f-84fb-ba92da04a38e.png 7d4d0e7d-6bf7-4b11-b3c8-bd55969ed0e3.png

このデッキ非常に強力な連続波状攻撃を行えるのですが相手の戦場に"フロンティナ"がいると完全に詰んでしまいます
そこで"リップル"の効果で事前に相手の"フロンティナ"を破壊しておきましょう
結魂怪異はコスト0扱いなのでキャンディ消費なしで破壊することができます
ただし対処できるのはメインフェイズのみです
バトルフェイズに"電撃結魂"などで相手に"フロンティナ"を出されるとどうしようもないので"セストリア"で対処します
"セストリア"の効果で"電撃結魂"に必要な水星の魔法少女や厄介な魔法少女をレストしておきましょう
"ラフィナ・ソアー"と合わせることで2枚までレストできるので妨害手段に繋がりそうな魔法少女をしっかり寝かせておくといいでしょう

681a4cd0-adac-449b-a940-6b8be188c777.png

ワンショットを決める上で妨げになりそうな結界はこのカードで処理します
相手が結界を使いそうな雰囲気を出していたら"将棋"のサーチ能力で確保しておくといいでしょう

249f3ba6-e910-4e07-adc8-aaf2b48cd40b.png

必要に応じて"電撃結魂"で使用する結魂怪異の候補です
相手の断末魔持ちなど厄介な怪異をバウンスすることができます
また、自分の怪異も手札に戻せるため先程の皐を使いまわしたいときなどに使いバウンスするといいでしょう

885101ff-37de-4c27-b1e6-9e617b94a9c9.png

攻める上で手札に学芸部の怪異が足りない場合に使います
破棄された学芸部の怪異などを墓地から回収できるので攻め手の補充を行えます

a07ee17c-a9d8-43ba-a9ee-ca829920901f.png

相手の墓地に厄介なカードがある場合に使い除外してしまいましょう


このデッキの雛形となるデッキがG-PROJECT通信販売にてオリジナルデッキとして販売中です!
【キャナル学芸部】 http://g-project.ocnk.net/product/10525

それぞれの環境に合わせて内容を組み替え自己流に改良していくといいでしょう


posted by G-PROJECTまほエル担当 at 15:56| Comment(0) | デッキ考察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月09日

超高速!スターターデッキを軸に組める悪魔速攻!!

88919320.jpg

今回はスターターデッキ「天使の円舞曲 VS 悪魔の輪舞曲」を軸に構築できる悪魔速攻デッキをご紹介!
まほエルの基本的な戦い方を身につけたい初心者にもオススメです!

■各カードの紹介■

d73c9ffa-9771-4764-95c9-75c2947d1c0a.png f3ea2223-c9e5-488c-8449-a36bc14b42f9.png

このデッキの最重要カード!
"モナ・スタイラ(悪魔ver.)"は魔法少女を捨てることで墓地を肥やしつつコスト2以下の悪魔を戦場に出すことができます
実質1コストで怪異を展開していけるのはかなり強いです
さらにこの効果、バトルフェイズにも起動できるため相手がブレイクや瞬動などでこちらの攻撃を防いできた後に使用し追撃のような動きも可能です
先攻の場合1ターン目は攻撃できないので相手のエンドフェイズに起動し、対処されづらい形で怪異を出しましょう

"レイ・ランポーレ"はそんな最重要カードである"モナ・スタイラ(悪魔ver.)"を山札からサーチできます
"モナ・スタイラ(悪魔ver.)"は必ず1ターン目にコールしたい魔法少女なのでどちらかが手札に来るようマリガンでしっかり確保しましょう

36c6e6b9-465d-4b29-afd2-6b2e3e2e6647.png

次に重要なカードが"グローリー・バタフライ(悪魔ver.)"です!
魔法少女を捨てることで墓地のコスト3以下の悪魔を出せるためこちらも実質1コストで怪異を展開していけます
1ターン目に"モナ・スタイラ(悪魔ver.)"の効果で墓地を肥やし2ターン目に"グローリー・バタフライ(悪魔ver.)"で怪異を蘇生させる動きが理想になります
手札の魔法少女が実質怪異のような役割を果たすのでこのデッキでは魔法少女を少し多めに投入しています

e511aafa-e9e9-469a-86fa-5d9ca9fb5255.png

上記のカードの効果で出したい怪異として"愛鯛"は優先順位が高いです
参戦能力でデッキトップを墓地に置き、悪魔なら1ドローできるためコストで捨てた魔法少女分の損失を補うことができます
速攻デッキにも関わらず何故か手札が減らず息切れしないまさに悪魔です
(悪魔ver.)と書いてある魔法少女は種族に悪魔を持っているわけではないのでドロー対象にならないのは注意です

dba13734-6bc1-4aec-a876-a15294316bcc.png 6e335aad-2c55-49d0-a32a-19d6065e4468.png

手札からコストとして捨てたい魔法少女としてはこの2枚が優秀です
"フォレ・メロウ(悪魔ver.)"は墓地に送られるとカードを1枚ドローできるので実質タダでコストに使えます
"モナ・スタイラ(悪魔ver.)"などで山札から墓地に送られた場合でも1ドローできるので手札がモリモリ増えます
コストとして捨てた場合は、その能力の上に"フォレ・メロウ(悪魔ver.)"の効果がチェイスされるので先に1枚ドローする処理になります

"ルージュ・ノワール"は墓地にあることで効果を発揮する魔法少女です
墓地に1枚あれば悪魔のATK+500、2枚あればATK+1000のような感じです
悪魔のATKが永続的に上がるので怪異の維持がしやすくなり継続的な攻めが可能になります

bfa9b383-e587-40e6-8971-4b37b0e3da38.png 8805b00f-1ec6-445d-937c-fc82e3946e63.png

さらに悪魔速攻の展開力を加速させるカードが"パッション・ウイング(悪魔ver.)"と"鬼童丸"のコンビです
"鬼童丸"を大量に墓地に送り込み"パッション・ウイング(悪魔ver.)"をコールすれば一気に打点を稼げます
さらに"パッション・ウイング(悪魔ver.)"の効果で相手のコスト3以下の怪異を破壊できるのでリバース状態の怪異や返しで殴ってきた怪異などを破壊していきましょう

ef04f2e1-331a-4aa7-974a-1b28ca01b829.png

"鬼童丸"を墓地に送る方法として"モナ・スタイラ(悪魔ver.)"の他にこちらのカードも優秀です
起動効果で手札から悪魔を捨てられるので引いてしまった"鬼童丸"をどんどん捨てていきましょう
効果の起動にレストが必要ないので好きなだけ起動できます
相手の堅い壁や殴り返しなどに対応して起動することで有利に戦線を維持していけます

c990a1e5-a0b4-41d5-8434-7c68fbf9e3bd.png ff36d5b4-5f24-4bda-95ff-8cca2a3cf451.png

"インスタ蝿"は"レッド・オニキス(悪魔ver.)"と非常に相性のいいカードです
宝飾品かスイーツが戦場に出るたびに墓地から手札に戻ってくるため"レッド・オニキス(悪魔ver.)"で何回も捨てることができます
このデッキでは"インスタ蝿"自身か"デビルチョコ・ドーナツ"を出すことで手札に戻せます
また、相手の宝飾品かスイーツが出たときにも誘発するのでしっかり覚えておきましょう

5d4cd185-1e1c-468d-903e-236c02d1f96e.png 805f6204-b017-440f-8b42-cbbdee8f784b.png

その他の悪魔怪異としては"ムエンリョバエ"と"センエツトンボ"を採用しています
"ムエンリョバエ"は攻撃するたび相手の墓地のカードを除外できるので相手のLv3魔法少女のコストになりそうなカードや厄介なカードを除外していきましょう

"センエツトンボ"はレストすることで相手に怪異を破棄させるかなり強い効果を持っています
起動効果は相手のターンにも使用できるのでブレイクで出したらそのまま効果を使っていきましょう
召喚酔い付与系にも強いのは高ポイントです


このデッキはとにかく速さを重視しています
時には相手の怪異を無視してでもオーブをひたすら攻撃してく判断力も大切になってきます
まほエルの攻め方に慣れてきたら自分流に組み替えてみていろいろな戦法を学んでいくといいでしょう
ラベル:悪魔
posted by G-PROJECTまほエル担当 at 15:52| Comment(0) | デッキ考察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月01日

ここからまほエルを始める貴方へSAN値直送!新カードのみで構築する無色クトゥルフデッキ!!

44016646.jpg


今回新たに追加された無色カード、クトゥルフと円卓の騎士をメインに使いたいという新規プレイヤーに向けてデッキをご紹介!
「POLAR NIGHT〜シンノヤミ〜」スターターデッキとブースターパックのみで構築できるので安心してまほエルを始められます!

■各カードの紹介■

211e9218-940d-44b2-9170-1ae8b8977e69.png be8c1db9-c754-46ba-9dd4-aa4643f46a73.png

クトゥルフデッキのフィニッシャー、出して殴ればほぼ勝てます!
なのでこれらのカードを少しでも早く出すための構築を目指していきます。

2c34529d-7fd0-4d9f-ba15-15097878da45.png c70fe094-465c-4470-bc87-4db1e076cb0c.png

まずはこのカード。
LV2の効果で裏向き魔法少女を2枚増やすことができます。
増えた裏向き魔法少女の中に"アーサー"があれば更に次のターンもブーストできるので加速度的に魔法少女が増えていきます。
この時、裏向き魔法少女として置かれた"アーサー"の上に別のLV2魔法少女を重ねストックとして破棄するとお得です!
マリガンでは最重要カードとして"アーサー"LV2を確保しに行きましょう。

31d15fa1-e48a-4f73-a79a-2a0e63844ad7.png

次に重要となるのがこの結界カード。
設置しておくだけでコスト4以上のクトゥルフを発動するコストが2減ります。
実質2ブーストです。
2ターン目に"アーサー"LV2を使い3ターン目に"ルルイエ"を設置、
更にそのまま"アーサー"LV2の効果を使えば次のターンにはもう9コストのクトゥルフを発動できます。
"ルルイエ"も最重要カードとなるのでマリガンでしっかり確保しに行きましょう。

70cde4de-3c28-4039-a903-a4dc6a58171e.png

9コストのクトゥルフといえば"Φ次元・ニャルラトテップ"です。
攻撃することで相手の怪異か魔法少女を除外できます。
しかも恐ろしいことに魔法少女がLV2だろうがLV3だろうがお構いなしに除外してしまいます。
厄介な能力を持つ魔法少女は"Φ次元・ニャルラトテップ"で掃除していきましょう。

051e0cbb-a171-4888-b366-0810ba3d1c1b.png 4e2a1b4f-1aa1-4626-bc42-c4084d41549a.png

4ターン目の行動として9コストのクトゥルフを発動できると言いましたが実は本気を出せば11コストの"空虚の父・ヨグ=ソトース"にもアクセス可能です。
"邪悪の儀式"という詠唱がかなり強く、追加コストとしてクトゥルフを破棄することでそのカードのコスト+1の無色オドを発生させます。
前のターンなどに怪異を出しておけば実質オドの持ち越しみたいな動きも可能です。
追加コストとしてオススメなのは4コストの"ニャルラトテップ"です。
"ルルイエ"を設置していれば2コストでプレイできるので、出してそのまま"邪悪な儀式"をするだけでも実質2オド増えます。
この動作を組み込むことで4ターン目に"空虚の父・ヨグ=ソトース"が着地します。

c6ca1b6b-df7d-4f20-8f0f-a04b3d672e65.png 5071cb12-2178-4091-86b4-0f9ac47557d0.png

ただ、最速でフィニッシャーを出せたとしても攻撃を妨害されては意味がありません。
そこで事前に相手の妨害策を潰しておきます。
"ミ=ゴ"で相手の瞬動を持った妨害カードを手札から除外したり"クトゥルフ"で厄介な魔法少女や色を消してしまいます。
相手が"クトゥルフ"に妨害札を消費してくれるのであればそれはそれでありです。

43a7e5ea-26fd-49ed-a5e8-5eedb9b5c085.png

そんな"クトゥルフ"と相性のいいカードは"ランスロット"です。
"クトゥルフ"を実質2コストで墓地から蘇生できるのでひたすら投げつけて相手を消耗させましょう。
"クトゥルフ"を蘇生させつつ手札からも"クトゥルフ"を出せば相手は嫌がること間違いなしです。

8c38bb7b-8a73-4f1f-b909-14bc1ae41cbf.png

そんなに都合よく高コストの怪異来ないよという方、安心してください。
"ナイトゴーント"を使えば7コスト以上の怪異をデッキからサーチすることができます。
状況に合わせて必要な怪異を探してきましょう。

4df07815-b10b-463e-9c8c-91a6b3b704e5.png

息切れが気になる、そんな時には"マーリン"の出番です。
裏向き魔法少女として置かれているカードを実質手札のように発動可能になるので手札がなくなっても戦えます。
"アーサー"LV2の効果で裏向き魔法少女を増やせばそれだけ選択肢が増えていきます。
注意点として"マーリン"で行えるのはカードの発動なので魔法少女のコールはできません。

5eab0783-e303-44fc-87fa-b3ef9d15fa64.png

キーパーツが全て墓地に落ちてしまったり相手の墓地に厄介なカードがある時は"星の逆行"を使いましょう。
とりあえず2枚入れておけば"星の逆行"がループするので山札切れの心配もなくなります。

feb54730-47a5-4709-9341-ec8d14c57f92.png 600930ca-d58e-461b-993b-951f03e6ec5c.png

相手の怪異をなんとかしたい時には"異次元への扉"や"ティンダロスの猟犬"で対処しましょう。
完全無色構築なので”異次元への扉”をデメリットなく使用することができます。
除外なので断末魔対策もバッチリです。
"ティンダロスの猟犬"はATK4000と非常に強くある程度の怪異は倒せます。
場持ちもいいので生き残ったら"邪悪な儀式"のコストにしてしまうのもいいでしょう。

基本的な動きは以上です。
この動きを軸にゲームに慣れてきたら自分流の考えを取り入れ自分だけのデッキを作っていくといいでしょう。

ふんぐるい むぐるうなふ くとぅるふ るるいえ うが=なぐる ふたぐん
ラベル:無色 クトゥルフ
posted by G-PROJECTまほエル担当 at 14:59| Comment(0) | デッキ考察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。